純正インクが高額な理由は

あなたが今使っているプリンターインクは純正インクか非純正インクかおわかりですか?

実はプリンター インクには純正品と非純正品があります。純正品はプリンタを作ったメーカー、キヤノン、ブラザー、エプソンがが製造している専用のインクカートリッジのことです。これらのメーカーさんから見たら非純正インクって認められない存在ですよね。だってプリンタを製造するには巨額の投資が必要です。研究開発の積み重ねで私たちはその恩恵を受けているのです。その費用を回収するためにはプリンター インクがコンスタントに売れていくことが条件です。そこに開発コストがかかっていない非純正インクが販売され売れていたらせっかくプリンター インクで回収しようとしていたプリンタメーカーさんは困ってしまいます。

プリンタメーカーさんでかかっている費用は開発コストだけではありませんよね。テレビを見ると今、旬の俳優さんがプリンタの宣伝に一役買ってますよね。あの費用もばかにならないと思います。そういった理由で純正インクが高額なのは合点がいきますよね。